トッテナム新監督にモウリーニョ氏就任! マンU解任から約11ヶ月ぶりにプレミア復帰

20191120-00349146-footballc-000-1-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/11/20(水) 16:18:11.86 ID:GGfHsCDr9
 トッテナムは20日、トップチームの新監督にジョゼ・モウリーニョ氏の就任が決定したことを発表した。契約期間は2022/23シーズン終了までとなる。

 トッテナムは前日の19日にマウリシオ・ポチェッティーノ前監督の電撃解任を発表。2014年から指揮官を務めた同監督のもと、昨季はクラブ史上初のチャンピオンズリーグ決勝進出を果たすなど好成績を収めてきたトッテナムだが、今季はプレミアリーグで現在14位と低迷している。

 ポルトガル出身のモウリーニョ氏は過去にポルトやチェルシー、インテル、レアル・マドリー、マンチェスター・ユナイテッドなどの監督を務めて数々のタイトルを獲得してきた。昨季はユナイテッドでの成績不振により12月に解任され、その後は約11ヶ月間フリーとなっていた。

「これほどの素晴らしい伝統があり情熱的なサポーターのいるクラブに加わることを楽しみにしている。チームのメンバーもアカデミーもクオリティーが高い。そういう選手たちと仕事をすることが魅力的だった」とモウリーニョ氏はクラブ公式サイトを通してコメントしている。

 トッテナムでのモウリーニョ新監督の初陣は今週末の23日、アウェイで行われるプレミアリーグ第13節のウェスト・ハム戦となる。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191120-00349146-footballc-socc

続きを読む

<イニエスタ選手のスニーカーブランド>神戸に世界初出店! 哲学反映させた厚底デザインも

1: Egg ★ 2019/11/20(水) 09:56:12.95 ID:wR3Eu/dI9
サッカーの元スペイン代表でJ1・ヴィッセル神戸のアンドレス・イニエスタ選手が手掛けるスニーカーブランド「ミカクス」の旗艦店が22日、神戸市中央区にオープンする。

 スペインではインターネットで販売しており、実店舗は世界初。

 イニエスタ選手の哲学を反映させたという厚底の「インフィニティ」など、90年代に流行したレトロなデザインが多い。1足2万~3万円台で、約30種類ある。同ブランドの責任者、アレックス・デ・ギリオルさんは「多くのファンに来店してもらいたい」と話す。

 11日夜に同店舗で開かれたオープニングレセプションには、イニエスタ選手とチームメートのダビド・ビジャ、セルジ・サンペール、ルーカス・ポドルスキの各選手らも参加。同ブランドのスニーカーを履いてPRした。

11/20(水) 9:53配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191120-00000013-mai-soci

写真 687345589

続きを読む

<森保監督の責任論に釜本邦茂氏が言及!屈辱以外のナニモノでもない!地元でW杯未出場国にボコボコ

20191120-00000027-nkgendai-000-1-view[1]




1: Egg ★ 2019/11/20(水) 12:45:01.35 ID:OPfjINMy9
前半8分から33分までの〈25分間〉に相手FWにハットトリックを決められた。屈辱以外のナニモノでもないが、地元ファンの前でW杯未出場国にボコボコにされてしまったのが、森保一監督率いる日本代表である。

 FIFA世界ランク28位の森保ジャパンは19日、南米ベネズエラを迎え撃った。世界ランクは26位と日本よりも上位とはいえ、W杯出場回数は日本の6回に対してベネズエラは0回。南米大陸で1カ国だけW杯出場歴のない〈格下〉だ。

 なのに試合開始と同時に日本選手はミスを連発。ベネズエラにペースを握られ、中国1部大連FWロンドンに先制点を決められると、そのロンドンに30、33分と立て続けにゴールを割られた。

 日本は後半24分、神戸MF山口のシュートで1点を返すのが精いっぱい。それも、ベネズエラDFの右足に当たってシュートの軌道が変わり、相手ゴールに吸い込まれるという締まらないものだった。国際Aマッチでは、実に65年ぶりとなる前半4失点。1―4のスコア以上の歴史的大惨敗を喫してしまった。

「試合後の気持ちを言葉にすれば『まるでどうしようもなかった』です」と力なく話すのは、メキシコ五輪得点王のレジェンド釜本邦茂氏である。

「南米大陸で唯一ベースボールが1番人気だったベネズエラですが、ここ数年来の強化が実を結びつつある。フィジカルにスピード、テクニックにプレッシング、球際の厳しさにカウンター攻撃の精度と鋭さ、局面での展開力にチームの総合力などすべての面で日本を上回っていました。日本は14日のカタールW杯アジア2次予選キルギス戦後にレギュラー格9人がチームを離れ、Jリーグ組の9人がチームに合流したとはいえ、あまりにも〈弱々しい〉チームでした。指揮官、コーチ陣に責任はないのか? 選手選考に間違いはないのか? いろいろな角度から徹底的に論議する必要があります」(釜本氏)

 現地で取材した元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏が言う。

「前線2人、最終ライン4人の経験値の低さが露呈しました。特に左・佐々木、右・室屋の両サイドバックは、レギュラーの右・酒井、左・長友とのレベル差を痛感させられた。佐々木も室屋も攻守のメリハリに欠け、自分のサイドを突破されてはクロスを放り込まれ、失点につながってしまった」

 監督、コーチ、選手を総取っ換えするくらいの荒療治が、日本代表には必要なのかも知れない。

11/20(水) 12:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191120-00000027-nkgendai-socc

続きを読む

横河システム建築、サッカースタジアムのピッチ全体を上空に持ち上げるシステムを開発!(画像)

1: れいおφ ★ 2019/11/20(水) 05:35:27.63 ID:tqLyiCDY9
横河システム建築(千葉県船橋市、大島輝彦社長)は、サッカースタジアムのピッチ全体を上空に持ち上げる「競技場天然芝ピッチ昇降システム」を開発した。

既存のスタジアムに低コストで導入が可能。Jリーグシーズン中でも芝生へのダメージを気にすることなくサッカー以外のイベントを開催できる。
上空のピッチには効果的に日光が当たるため、芝生の育成にもメリットがある。

スポーツ施設の設計などを手掛けるクーダジャパン(河野久米彦代表)と共同で開発した。屋根のないサッカー場に後付けできる。競
技場の上空に複数の鉄骨を設置。鉄骨に取り付けた無数のワイヤとピッチに内蔵したフックをつなげ、上空に持ち上げる。
屋根としての役割も果たすため、多少の雨でもイベントを開ける。

国際的なピッチサイズは縦125メートル、横85メートルほどで、重量は約1万トンに上る。
ピッチ昇降装置を取り付ける場合、一般的には概算コストで約200億円かかるという。「競技場天然芝ピッチ昇降システム」は50億~70億円で設置が可能。
ピッチの厚さも従来の半分にまで薄くでき、ピッチを納めるピットの深さも半分で済む。ピット整備にかかる費用低減につながる。

ピッチをつり上げている際に地震が発生した場合、ピッチに伝わる揺れを抑制する免震機能を採用。
同機能によって下で支える構造体フレームの軽量化も実現した。拡張展開型スタンド、移動型可動スタンド、日よけ装置などの付属機能も併せて開発した。

 横河システム建築によるとサッカー以外のイベント開催数を増やし、稼働率アップにつなげたいという施設側のニーズが高まっているという。
一度イベントを開くと芝生の補修や張り替えに膨大な費用が掛かるため、現在はJリーグのオフシーズン中に開くケースが多い。
「競技場天然芝ピッチ昇降システム」を提案することで、サッカー場が抱える課題解決を図る。

https://www.decn.co.jp/?p=110992

画像
2139343545

続きを読む

日本サッカー協会の田嶋幸三会長が惨敗謝罪!「申し訳ない。前半ふがいない」

1: Egg ★ 2019/11/20(水) 12:49:43.76 ID:OPfjINMy9
<国際親善試合キリンチャレンジ杯:日本1-4ベネズエラ>◇19日◇大阪・パナスタ

ホームで惨敗した日本協会田嶋幸三会長(61)は、サポーターに謝罪した。「まずもってたくさんのサポーターが来ていただいたのに、申し訳ない。前半はふがいない。後半のように、あれぐらいの必死さ、球際の強さを最初からやっていかないと。後半に粘りを見せてくれたのは今日の収穫だった」。

短期間で事実上3チームの代表を指揮した森保監督については「(監督の問題とは)筋が違う。(欧州組らに)何人かの選手が融合する難しさがあった」と話した。今年の代表を振り返り「W杯予選で4勝は目指すところだった。その上を行くには、選手の底上げをもっとやらないといけない」と来年への課題を掲げた。

11/20(水) 0:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191120-11191149-nksports-socc

写真 1755255741

続きを読む

<トッテナム>ポチェッティーノ監督を解任を発表!モウリーニョ招へいか…すでに交渉、合意の可能性も

1: Egg ★ 2019/11/20(水) 09:20:12.91 ID:wR3Eu/dI9
トッテナムは19日、マウリシオ・ポチェッティーノ監督(47)の解任を発表した。

ポチェッティーノ氏は2014年5月からトッテナムの指揮を執り、2016-17シーズンにプレミアリーグ最高位となる2位フィニッシュに先導すると、昨シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)でクラブ史上初のファイナル進出に貢献。近年におけるチームの躍進に大きく寄与する働きぶりを受け、2018年5月に2023年まで契約を延長したが、今シーズンはここまでプレミアリーグ14位に沈み、進退問題が取り沙汰され、19日に解任が決まった。

こうなると注目されるのが後任だ。イギリス『BBC』によると、候補として、ボーンマスのエディ・ハウ監督(41)や、RBライプツィヒのユリアン・ナーゲルスマン監督(32)、昨シーズンまでユベントスを率いたフリーのマッシミリアーノ・アッレグリ氏(52)が浮上しているが、2018年末にマンチェスター・ユナイテッドを去り、ロンドンに家を持つ無所属のジョゼ・モウリーニョ氏(56)が現時点の有力人物だという。

また、イギリス『スカイ・スポーツ』もポチェッティーノ氏に代わる有力候補として、モウリーニョ氏の名を挙げており、すでに就任に向けて交渉に入っている模様。しかも、双方合意に近く、20日のうちに成立に至る可能性もあるという。そのモウリーニョ氏は先月、プレミアリーグで3つ目となるクラブで主要トロフィーを獲得したいという願望から、イングランドのフットボール界復帰に意欲を示していたとのことだ。

そのほか、ポチェッティーノ氏の後任として、ナーゲルスマン監督に関心を示しているというトッテナムだが、引き抜きの勝算は低く、ホッフェンハイムから招聘するのに1年を要したライプツィヒとの交渉は至難だという。

11/20(水) 8:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191120-00364724-usoccer-socc

写真
911590614

続きを読む

柴崎岳「全責任は僕」17試合連続出場中の“司令塔”守備崩壊に自身責める

20191120-00230141-soccermzw-000-11-view[1]




1: Egg ★ 2019/11/20(水) 09:50:41.36 ID:wR3Eu/dI9
森保一監督率いる日本代表(FIFAランク28位)は19日に国際親善試合ベネズエラ(同26位)戦に臨み、1-4で大敗を喫した。前半だけで相手エースFWサロモン・ロンドンにハットトリックを達成されるなど4失点。後半に途中出場したMF山口蛍(ヴィッセル神戸)が1点を返したものの、観客からは大ブーイングを浴びせられる結果となった。森保ジャパンでは主軸で17試合連続出場中のMF柴崎岳(デポルティボ)は完敗の要因に「全責任は僕」と口にした。

 絶望的な前半の45分間だった。前半8分、DF室屋成(FC東京)が右サイドでブラジルの強豪サントスに所属するMFジェフェルソン・ソテルドに翻弄されてクロスを上げられ、相手エースが頭でゴール。先制点を許すと、同30分には左サイドを崩されて2失点目。3分後に3失点目、その5分後には4失点目……と、修正できずに守備が崩壊した。相手エースは33分間でハットトリックを達成。コパ・アメリカのチリ戦(0-4)に続く、森保ジャパン最多タイの4失点で、ハーフタイムには会場から大ブーイングが浴びせられた。

 今回は14日のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選キルギス戦に招集された欧州組から一部メンバーを入れ替えて、国内組が新たに選出された。先発には主力組の柴崎や、MF中島翔哉(ポルト)以外は森保ジャパンでの出場機会にあまり恵まれていない選手が名を連ねた。キルギス戦からは8人が入れ替わったなか、前半だけでずるずると4失点。ボランチで牽引する役割を求められた柴崎だが、国際Aマッチ11試合目のDF植田直通(セルクル・ブルージュ)が最も経験ある最終ラインを操れずに肩を落とした。

「修正に対するその辺の全責任は僕にあると思う。他に責任があるとも思わないし、振り返って試合を見てみないと言えない部分もあるけど、そこ(修正力)の責任、うまくできていなかったという部分はある。試合後にも(川島)永嗣さんと話してそういうところもあったので、真摯に受け止めたい」

 露呈した修正力の無さ。選手同士の距離感は調整しようと踏ん張ろうとしたものの、精神的にも追い込まれ、負担は大きくなった。前半のうちに修正できなかった理由は“混乱”もあるが、柴崎は「明確に挙げるのは難しい」と頭を悩ませた。

「声掛けはしていた。1失点目からクロスに対してあまりにも距離が開いているというのがあったので、その段階で指摘や声掛けはしていたが、無意識のうちに自分たちが意識していないうちにズルズルと下がった守備をしてしまったと思う。いくら意識していても無意識は見えないところからやって来るので、より強く思わないと。でも、そこをやるのはチームがいくら声をかけても個人なので、差はあるとは思う。難しいところ。一概に前半のうちに修正できなかったポイントを明確に挙げるのは難しいと思う」

 だが、“収穫”もある。自分たちの立ち位置はよく分かった。来年3月からカタールW杯の南米予選が始まるベネズエラは、この日が最後のテストマッチ。“本気”の相手に1対1で勝ち切れなかったこと、球際の攻防……多く出た課題を見つめ直し、主将マークを巻いた柴崎は先頭に立ってチームを引っ張っていく覚悟だ。

11/20(水) 0:36配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191120-00230141-soccermzw-socc

続きを読む

守備崩壊で4失点の一因。FW陣はなぜ「2対4」でプレスをかける羽目に陥ったのか?

20191120-00066899-sdigestw-000-6-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/20(水) 06:54:22.86 ID:ok/Q0QdQ9
「ハマっていないのは分かっていた」
[キリンチャレンジカップ2019]日本 1-4 ベネズエラ/11月19日/パナソニックスタジアム吹田

日本はホームでベネズエラと対戦したが、前半だけで4失点と、守備が崩壊しているのは明らかだった。クロスをヘッドで叩き込まれ、パスワークで崩され……、成すすべなく立て続けにネットを揺らされた。

原因はなんだったのか。2トップの一角で先発した鈴木武蔵が、こんなことを言っていた。

「後ろは結構行かないで、そこが重くなっていて、結局ボランチとサイドハーフが引っ張られる状況になっていた。僕と浅野は、GK含めてCBとアンカーと2対4の状況になっていて、追う幅がどうしても広くなって、全部が全部は行けなくて。結局、後手になってはがされて、たぶん失点シーンも結局、後手後手で。そこは試合中に修正できないといけないし、僕たちFWが感じて、1失点した時点でハマっていないのは分かっていたので、その時点でそれを改善できないといけなかったと思う」
 
FW陣が感じていたのは間延び。中盤から後ろは後方に残っていた一方で、FW陣は前からプレスをかけていた。ただ、2トップに対して敵のビルドアップは4枚でパスを回しており、それを追うのは無理があっただろう。統一感のないプレスによって、「後手」に回り、安易な失点を繰り返した。

鈴木は「ハマっていないのは分かっていた」からこそ、次のように反省した。

「自分自身が(修正点を)言えないとダメですし、失点は事故じゃない限り何かしら問題がある。試合中に1失点以内にどれだけ耐えられるか。1失点以内だったら点を取っているし、また雰囲気は変わる。そこの修正は自分自身できなかったなと」
 
先のキルギス戦からメンバーが変わったとはいえ、コミュニケーション次第では改善の余地はあっただろう。この経験を糧に、誰が出ても攻守で連係を構築できるようにしたい。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191120-00066899-sdigestw-socc
11/20(水) 6:30配信

続きを読む

日本代表は調整の場ではない。柴崎岳に中島翔哉…クラブで不遇の選手のフル起用に意味はあるのか?

20191120-00348978-footballc-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/20(水) 07:25:19.56 ID:ok/Q0QdQ9
【日本 1-4 ベネズエラ キリンチャレンジカップ2019】

日本代表は19日、キリンチャレンジカップ2019でベネズエラ代表と対戦している。
チケットは完売となったようで、試合が行われたパナソニックスタジアム吹田には多くのサポーターが駆け付けていた。

しかし、そんな一戦で森保ジャパンは最悪のパフォーマンスを見せる。
立ち上がりから緩い対応が目立ち、ベネズエラに攻められ続けた日本代表は、8分という早い時間にFWサロモン・ロンドンに先制ゴールを献上すると、その後守備が完全に崩壊。
30分、33分と立て続けにロンドンにゴールを割られ、38分にはMFジェフェルソン・ソテルドにも点を許すなど、前半だけで相手に4得点も奪われたのである。

後半は少しずつ自分たちのペースを取り戻し、69分にはMF山口蛍のゴールで1点を返したが、その後はベネズエラの堅い守備を前に追加点を奪うことができず
。森保一監督の修正力なども全く見受けられず、ホームで1-4の惨敗を喫した。

敗因はいくつかある。日本代表は立ち上がりに単純なパスミスやコントロールミスが目立ち、相手に何度かチャンスを与えていた。
対するベネズエラは止める・出すの基本的技術がしっかりしており、ミスの少なさが目立った。
ボールホルダーに対するサポートも速く、攻守両面で日本代表を上回った。

また、日本代表は前線とその後ろの動きが疎らで、中盤に大きなスペースが空く。
そこを突かれては全体の重心が後ろへと傾き、サイドから崩されてロンドンの頭一発というわかりやすい攻撃にハマった。
セカンドボールを拾ってカウンターに繋げるシーンも多くはなく、FW浅野拓磨の走力とMF中島翔哉の独力に任せるなんとも単調な攻撃に終始したのである。

だが、最も疑問であったのが森保監督の選手起用。この日のスタメンは海外組と国内組がおよそ半々となっていたが、問題はそこではなく、フル出場させた選手のチョイスである。
中でも柴崎岳、中島翔哉、川島永嗣。この3名を90分間使い続けたことに、大きな疑問が残るのだ。

この3選手は日本代表でお馴染みの存在となっているが、所属クラブで満足いく出場機会を得ているわけでもなければ、ここ最近の日本代表でも好パフォーマンスを見せているわけでもない。
来年以降、代わりとなる選手を見つけなければならない。その筆頭とも言えるわけだ。

今回のベネズエラ戦は、そんな3選手の代役となる選手を発掘する絶好の機会でもあった。
実際、FW古橋亨梧、FWオナイウ阿道、DF進藤亮佑、DF荒木隼人の4名は初招集を受けており、MF大島僚太やMF井手口陽介、GK中村航輔らも久しぶりの代表復帰を果たしているなど、楽しみな面々は揃っていた。

しかし、上に記した選手の中で出場機会を得ることができたのは古橋と井手口のみ。
後者に至っては82分からの出場と、アピールの時間はそれほど多く設けられなかった。
代表常連組の代わりとなる選手を見つけ出す良い機会だったのだが、その絶好のチャンスは中島、柴崎、川島の3選手のコンディション調整によって潰されてしまったのである。

そもそも、古橋やオナイウといった選手が招集されたのは何を評価されてのものか。
クラブでのパフォーマンスであることは間違いない。とくに代表初招集組は所属チームで継続的に出場機会を得ており、なおかつ結果も残している。
それが、所属クラブで出場機会を得ることができていない選手を前に満足いく出場時間を与えられない。来月にE-1選手権があるとはいえ、ここには疑問が残る。

日本代表は自身のコンディションを調整する場ではない。いくら代表の常連組といえ、所属クラブで出場機会を得ることができていない面々がいつまでも試合に出続けることに意味はあるのか
。今後もこうしたことに変化が見受けられなければ、日本代表のレベルはどんどん落ちていくだろう。こうした問題をしっかりと受け止めなければならない。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191120-00348978-footballc-socc
11/20(水) 7:00配信

続きを読む

柳想鉄(ユ・サンチョル)、ステージ4のすい臓がんを告白 元Jリーガーの韓国代表レジェンド

20191120-00010001-sdigestw-000-4-view[1]




1: れいおφ ★ 2019/11/20(水) 05:40:30.74 ID:tqLyiCDY9
「受け入れがたい結果でした。それでも…」
かねてから健康状態が心配されていた元韓国代表MFのユ・サンチョル(柳想鉄)氏が、自身の言葉で容体について説明した。

11月19日、氏が監督を務めるKリーグ・仁川ユナイテッドは公式ホームページ上に「ユ・サンチョル監督からファンへの手紙」を掲載。
そのなかで、現在すい臓がんに侵され、治療中であることを明かしたのだ。

現役時代は横浜F・マリノス、柏レイソルでも大活躍。岡田武史政権下の横浜では2003、04年のJ1リーグ連覇に多大な貢献を果たした。
韓国代表としても124キャップ(18得点)を記録し、ワールドカップには2度出場。日本代表の前にも幾度となく立ちはだかった屈強ボランチだ。

ユ・サンチョル氏が綴ったメッセージを要約してお伝えしよう。
「いつもチームと選手たちに熱い声援を送ってくださっている皆さんに、心から感謝いたします。
今回このような形でメッセージを寄せることになったのは、私の健康状態についてさまざまな憶測が飛び交い、私自身の言葉でファンの皆さんに説明する必要があると考えたからです。

今年の10月半ばでした。身体に黄疸が出る異常な症状が出たため、私はすぐまま病院で精密検査受けました。
診断の結果は、すい臓がんのステージ4。受け入れがたい結果でした。

ただ、私は闘い抜くと決心しました。今後も並行して治療を続ける必要がありますが、チームの1部残留という目標を達成すべく、自分の任務を全うする覚悟です。
そして選手やスタッフたちと一緒に過ごしながら、私自身もポジティブなパワーをもらいたいと思います。

ファンの皆さんとの(1部に残留するという)約束を守りたい。監督として最善を尽くし、最後まで諦めずに頑張ります。
「やればできるんだ」というポジティブなパワーを携えて、病気に立ち向かい、打ち勝ちたいと思います。
ファンの皆さんの健康と幸福をお祈りします。本当にありがとうございます」

残留争いの渦中にある仁川ユナイテッドだが、今季Kリーグの残り2節を連勝すれば、自力での残留が確定する。
ファンに向けて、決意のほどを熱く語ったユ・サンチョル監督。その執念が実るのか、注目が集まる。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191120-00010001-sdigestw-socc

続きを読む
 戻る