本田圭佑の衝撃越えた桐光学園の小川航基の才能

1 名前: Egg ★@\(^o^)/:2016/01/14(木) 20:34:43.23 ID:CAP_USER*.net

大会終了後に発表された高校サッカー選手権の優秀選手のリストを見て驚いた。

 FWがたった5人しかいなかったのである――GKは4人もいたのに!

 高校サッカーの優秀選手を決定するのは、長くこの世界に関わってきた目利きの指導者たちである。彼らの目に、今大会に出場したFWたちは相当物足りないものに映ったのだろう。それにしても、GKとFWの人数がほぼ同じとは、なかなかの椿事(ちんじ)である。

 相手がシュートを打ってくれなければ仕事のできないGKは、どれほど優れた選手であっても、試合によっては何のアピールもできない場合がある。FWは違う。

自分たちが主導権を握っている試合であれば、たっぷりと持ち味を発揮する場面に恵まれる。にもかかわらず、目利きたちの目に留まった人数が、GKと大差がなかったというのだから、若年層のアタッカー不足、いささか心配である。

 ただ、少ない人数の中にも、楽しみな素材はいた。

 誰でもそうだろうが、わたしも、若い才能を見る時は過去の選手を物差しにする。攻撃的な選手であれば礒貝洋光、小倉隆史、小野伸二あたりがわたしにとってのベンチマークだった。近年で言えば――。

 「カネコちゃん、1回戦、どこ見に行くの?」

 「滝川二の試合に行ってきます。ただ、相手が石川の星稜なんで、楽勝だと思いますけど」

 「いや、わかんないよ。星稜、一人面白いのがいるから」

 冬の選手権開幕を前に、グランパスのスカウトをしていた金(キム)益(イッ)祚(チョ)さんとそんな話をしたのは、もう10年以上前のことである。昨年若くして亡くなられた金益祚さんは、パワフルなサッカーを指向しがちな在日コリアンが多かった中、徹底して技術とパスサッカーにこだわった異端児でもあった。

 指導者を経てプロのスカウトに転身してからも、金益祚さんは次々とダイヤの原石を発見していった。ただ、その選手評はかなり辛口で、自分が取った選手であっても、手放しで褒めることはあまりなかった。そんな人物が言う「面白い選手」――それが本田圭佑だった。

 言うまでもなく、実際にみた本田圭佑は「面白い」どころの選手ではなかった。たった1試合ですっかり魅了されてしまったわたしは、その数カ月後、Jリーグの新人王予想に彼の名前を書き込んでいた。

 以来、わたしにとって本田は若い才能を測る上でのベンチマークとなり続けている。その後出てきたどんな選手も、彼のインパクトを超えてくれてはいな……かった。

 だが、今年は金益祚さんであれば「すごく面白いね」とでも評していたであろう才能と出会うことができた。桐光学園の小川航基。本田より高く、本田より速い。自らのPK失敗で高校生活にピリオドを打ってしまった悔しさを糧にすれば、一気の大化けもありうる。磐田での活躍を大いに期待したい。(金子達仁氏=スポーツライター)

http://www.sponichi.co.jp/soccer/yomimono/column/kaneko/2015/kiji/K20160114011856080.html


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1452771283
続きを読む
 戻る