ミッツ・マングローブ突然の告白「実は私、学習障害なの」

1: 2016/01/14(木) 11:21:14.76 ID:CAP_USER*.net
◆ミッツ・マングローブ突然の告白「実は私、学習障害なの」

1月10日より公演中の舞台『DNA―SHARAKU』。出演者のミッツ・マングローブは、この作品で初めてミュージカル劇に挑戦している。

「どの仕事でも、なぜ自分が求められているのかを、いつも考えますね」

本番約1か月前に仕上がり具合を聞くと、突然の告白。

「量は全然多くないけど、セリフが覚えられないんです。ちょっと記憶の回路がおかしくて。実は私、学習障害なの」

学習障害とは、読む・書く・話す・計算などの特定分野で困難を伴うこと。ミッツの場合、暗記がそれにあたるという。

「暗記するときは“絵と音”で覚えるの。だいたい“絵”で頭に入るんですけど。教科書を覚えるときは、人物の顔に落書きをしたり、
どこかに線を引っ張ったりして“自分用の景色”を作っていました。今も同じやり方で歌詞や台本を覚える。
“自分用の絵”を頭の中に複写して、本番はそれを読んでいるんですよ」

セリフを言うタイミングも“絵”で覚えている。

「共演者が“ココに立ったときにコレを言う”というように記憶しているんですよ。
だから、少し立ち位置が変わったりすると、前後不覚になっちゃう。
セリフ自体、なんて書いてあったかを頭の中で見て思い出すので、口に出すスピードが1~2秒くらい遅れてしまうんです。
最終的には何もかもを犬のしつけみたいに繰り返すことで、クセをつけて身体に覚えこませるの」

さらに、日ごろの歌手活動とはこんな違いが。

「マイクを持たないで歌うことが初めてなんです。
マイクを握らないと声に力が入らないし、リズムや強弱もマイクでとるのに慣れているから、ワイヤレスマイクで歌うのが難しい。

あと、基本的に、世の中の人はみんな声が大きいと思っていて。声が張れるし、通るじゃない。
私の声は低くて小さいし、ちょっと頑張るだけで、のどが痛くなるから、舞台用の声の出し方ができないんですよ。
だから、わりといっぱいいっぱいですよ」

共演者には歌手のナオト・インティライミをはじめ、若手イケメン俳優の小関裕太、ベテラン俳優のイッセー尾形など幅広い面々がそろっている。
彼らの歌声の印象は?

「どう歌えば正解なのかはわからないですけど、みなさん、とても上手ですよ。
それにミュージカルだと、いわゆる“ミュージカル調”に矯正されるとよく聞くんですけど、のびのびと自分なりの歌声でやっていると思いますね。
私も今のところ、野放しでやらせてもらっています」

◇ 舞台『DNA-SHARAKU』

人工知能が支配する未来のTOKYO。
政府から謎の絵師・東洲斎写楽を抹消するために江戸時代に送り込まれた2人の青年(ナオト・インティライミ/小関裕太)が“創造する心”の大切さに気づき……。
1月24日まで東京・新国立劇場で公演。1月28日~31日は大阪のシアターBRAVA!。2月6日と7日は福岡のキャナルシティ劇場で。

写真: 1104178773


週刊女性PRIME 2016年1月14日(木)5時0分
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160114-00022753-jprime-ent

転載元
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1452738074/

続きを読む
 戻る