巨人・沢村、五郎丸に共感 「まさにその通り」

転載元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1452727596/
bb-sawamuraty-160114-w500_0

1 : 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/14(木) 08:26:36.85 ID:ChKREuj30.net
http://www.nikkansports.com/baseball/news/1591901.html
大声とともに、230キロの鉄が上下に跳ねた。
ハワイ大のウエートルーム。沢村は、アメフットの選手に交じり、重さからしなるバーベルを担ぎ、スクワットを繰り返した。
例年以上のトレーニング量だ。上半身、下半身、体幹と、1日ごとに鍛える部位を変える。
同じ部位をいじめ抜いた。筋トレに時間を割くのには理由がある。昨年末、テレビで流れた五郎丸の言葉にくぎ付けになった。

 「フィジカルから逃げたら、日本人は世界で戦えない」

胸に響いた。「まさにその通りだと思う」と共感した。
「一緒にやってみたい。勉強になる。どんなことをやってるのか」
と、ラグビー日本代表選手との自主トレも熱望するようになった。
昨年のW杯同代表メンバーでスクワットのトップは、HO木津の245キロという。沢村も、決して引けを取らない。



2 : 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/14(木) 08:27:03.20 ID:ChKREuj30.net
一般的に「下半身強化=ランニング」という考え方もあるが、沢村はやや違う。
「もちろんランニングも大事だけど、ウエートも重要。僕の場合は人より重たいものをあげてるだけ」。
五郎丸の言葉で、沢村ウエーは確信になった。

昼食に向かう車内で、トレーニングの意味を熱く語った。
「毎年、同じ事をやっても同じにしかならない。進化するためにやっている。
きついけど、毎日同じ事をやっていても、筋肉は慣れてくるし、刺激がない。方法を変えてやることが大事。
また明日始まると思うと、朝を迎えることが怖いよ」。

言葉とは裏腹に、楽しそうに話した。



3 : 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/14(木) 08:27:15.74 ID:M8fV8UEr0.net
筋肉の教えに間違いはない
続きを読む
 戻る