【SMAP分裂の真相!】工藤静香、夫キムタクに「残って!」と懇願 関係修復の動きも

人気グループ、SMAPが分裂、解散危機にあることが13日、分かった。

育ての親と言われる女性チーフマネジャー(58)がジャニーズ事務所の子会社の取締役を12日に辞任し、2月末に同事務所を退社する。関係者によると、これに追随して中居正広(43)、稲垣吾郎(42)、草なぎ剛(41)、香取慎吾(38)は退社する意志を固めた。

木村拓哉(43)はメンバーで唯一、残留を決断。その裏には妻の歌手、工藤静香(45)の「残って!!」という言葉があったことが判明した。分裂を受けてメンバーのレギュラー番組が改編期の4月以降、テレビから消える可能性も出てきた。

この日朝、SMAP解散、分裂危機報道が一部で報じられた。
それを受けてジャニーズ事務所は会見はせずに、報道各社にFAXでコメントを発表した。

「SMAPの一部メンバーの独立問題と担当マネジャーの取締役辞任等に関する報道がなされました。 たしかに、この件について協議・交渉がなされている事実は存しますが、そのような状況下であるため、詳細についてはお答えできません」

事実上、危機騒動を認めた格好だ。さらに、14日発売の「週刊新潮」でも報道されており、サンケイスポーツの取材に関係者も内容をほぼ全面的に認めた。

騒動の発端は、昨年1月に週刊誌「週刊文春」で報じられたメリー喜多川副社長(89)のインタビュー記事。
SMAPを国民的アイドルにまで育てたチーフマネジャーのIさんと、メリー氏の娘で副社長の藤島ジュリー景子氏(49)との間に「派閥争い」があると聞いたメリー氏が、「派閥などない!! 次期社長はジュリー」と激怒。Iさんに「事務所から出ていってもらう!!」と叱責したと報じられた。

複数の関係者によると、これをきっかけにIさんは昨夏ごろから大手芸能事務所をバックに独立を考えていたという。メンバーと話し合いを重ねた結果、木村以外の4人は11月末までに、売れなかったデビュー当時から苦楽をともにしたIさんについていく決断を下した。
しかし、最後まで木村は、ジャニーズ事務所との確執がないのに退社はできないと悩んでいたという。

木村が“残留”を選んだのには、もう一つ大きな理由があった。
妻で歌手、工藤静香の存在だ。2000年当時、トップアイドル同士の結婚を過剰すぎる報道にならないように守ったのがメリー氏。静香は恩義を感じており、関係者によれば「メリーさんを裏切るようなことはできない。子供のことも考えて残ってほしい」と夫を説得したという。長女(14)、次女(12)ら家族を守る一家の大黒柱でもある木村は12月半ばに事務所に残ることを決断した。

“4対1”の状況で迎えた同30日のNHK紅白歌合戦のリハーサルでは、台湾メディアから「来年(2016年)、5人で台湾でコンサートをやる計画はありますか?」と問われた際、木村が「来年は何が起きるか分からない」と意味深に返答していた。

孤立した木村が現在、事務所と4人との関係“修復”を働きかけていることも判明した。

ある関係者によると、一度は退社を決意した4人が、Iさんの助言もあり、今年に入って残留の意思を事務所に示したという。
弁護士を通じてメリー氏にも直訴したが、聞き入れられない状況で、4人が戻れるように木村がメリー氏と4人の間に入っているという。

Iさんは12日にSMAPの映像作品を扱うジャニーズ事務所の子会社「ジェイ・ドリーム」の取締役を辞任し、2月末に事務所を退社することが決定。「Iさんが芸能界から身を引く代わりにSMAPが事務所に残る可能性もある」と話す関係者もいる。

(>>2以降につづく)

・「子供のことも考えて」とキムタクを説得した工藤静香

1797036176

http://www.sanspo.com/geino/news/20160114/joh16011405070005-n4.html
続きを読む
 戻る