U23日本代表、北朝鮮を撃破!リオ五輪に向け白星発進 まとめその2(関連まとめ)

手倉森J、リオ五輪へ好発進! 植田のゴールで北朝鮮に競り勝つ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160114-00000501-sanspo-socc
植田2016五輪最終予選北朝鮮戦ゴール02.jpg

 U-23アジア選手権1次リーグ(13日、日本1-0北朝鮮、ドーハ)6大会連続10度目の五輪出場を狙うB組の日本代表は、リオデジャネイロ五輪の最終予選を兼ねた大会初戦で北朝鮮と対戦。日本は前半5分にDF植田直通(21)=鹿島=の得点で先制すると、そのまま逃げ切って勝ち点3を手にした。日本は次戦、16日にタイ代表と対戦する。

 日本は前半からボール支配を強め、試合の主導権を握った。5分には右CKからチャンス得るとDF山中の左足で蹴ったボールにファーサイドでDF植田がフリーで合わせ、先制点。試合の序盤で日本がリードを奪った。その後も日本が主導権を握って前半は終了。1点リードで試合を折り返した。

 後半に入ると、攻勢を強めた北朝鮮にゴールを脅かされるも、GK櫛引を中心に同点弾を許さず跳ね返すと、日本のリズムを取り戻す。9分、左サイドの崩しからクロスに合わせたFW久保が左足で放ったシュートは左ポストを直撃。34分にはペナルティーエリアの左すぐ外で得たFKをDF岩波が頭で合わせ、ゴールネットを揺らしたが、判定はオフサイド。追加点こそ奪えなかったが、日本が押し気味に試合を進め、1-0で逃げ切った。決勝トーナメント進出へ大きな勝ち点3を手にした。

 最終予選では参加16チームが4組に分かれて1次リーグが実施され、各組上位2チーム(計8チーム)が決勝トーナメントに進出。上位3チームに入ればリオ五輪の出場権を獲得する。

アルビレックス新潟Part1406
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1452664863/
続きを読む
 戻る