浜崎あゆみがファンと夫との板挟みが原因で涙wwwww

1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/01/12(火) 05:53:50.06 ID:CAP_USER*.net

'00年から始まって16年続いている浜崎あゆみの恒例カウントダウンライブ。
昨年も12月29日から31日までの3日間にわたって開催され、代々木第一体育館に3万6000人のファンを集めた。

「もはや浜崎さんのライフワーク。彼女の気合の入れ方も違うんですよ。
今回も和を意識した演出やセクシーな衣装を披露し、会場は大変な盛り上がりでしたよ」(レコード会社関係者)

華やかなステージで観客を魅了する中、ファンを驚かせる場面があった。
ライブも中盤を過ぎた14曲目、『Ivy』という歌が始まったときのことだ。

「'12年に発売されたミニアルバム『again』に入っていたバラードなんですが、いつもとアレンジが全然違ったんです。
あまりに違いすぎて、最初はこの曲だと気づかなかったくらい。
歌っているというよりは、歌詞を朗読しているという感じでした。
スクリーンには歌詞の一部分が映し出され、まるで今の気持ちを表現しているようでしたね」(会場を訪れたファン)

思い入れの強さを、会場にいたファンははっきりと感じとっていた。

「会場の中央にある円形ステージで歌っていたのですが、ところどころ涙声になっていたんですよ。
わたしの周りでも“いったいどうしたんだろう?”って、ザワついていました」(前出・ファン)

いったい、彼女の心の中にはどんなことがよぎっていたのか。
この歌に込めた思いを知るためには、昨今のプライベートを振り返る必要がある。

'14年3月に10歳年下のアメリカ人男性と結婚した浜崎あゆみ。最初は仲睦まじい姿を見せていたが、
昨年春には一緒に暮らしていたシンガポールから彼女だけが帰国し、別居状態になったのだという。

「7月には、ご主人から“僕のタイプはグラマラスな女性だから、もっと太ってほしい”と要望されて困惑していると報じられました。
ステージではスリムな姿を見せなければならず、ファンと夫の板挟みに。
無理な肉体改造を重ねるうちに、ストレスから愛が冷めていったそうです」(ワイドショースタッフ)

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160112-00022648-jprime-ent
週刊女性PRIME 1月12日(火)5時0分配信

続きを読む
 戻る