社会学者の古市憲寿氏がフットボールを口撃!「サッカーは全然ゴール入らないから見ててつまらない」

1 名前: Egg ★@\(^o^)/:2016/01/12(火) 11:25:09.60 ID:CAP_USER*.net

ゴールが少ないのはつまらない?

フットボールの興奮が最高潮に達するのはなんといってもゴールシーンだが、社会学者の古市憲寿氏にとってはその回数が少なく、退屈だと感じているようだ。
日本のバラエティー番組から引っ張りだこの人気が続いている社会学者の古市氏が、1月10日にフジテレビで放送された『ワイドなショー』にてサッカーのつまらなさを指摘。

同番組内で「サッカーというスポーツは全然得点が入らないから、試合にメリハリが無くなって見ててつまらない」と言い放った。
古市氏は2005年に交換留学生としてノルウェーのオスロ大学に通い、現在は慶應義塾大学の訪問研究員を務めている。

サッカーとは無縁な人生を送ってきた同氏にとっても、やはり求めるのは白熱のゴールシーンということになるのだろう。
プロのサッカー選手が古市氏の今回の発言を聞いて、どのように感じるかは分からない。

しかしながら、死に物狂いで常に得点することを狙っているプレイヤー側からしてみれば、この発言は決して心地良いものではないかもしれない。

2016年01月11日(月) 13時04分配信
http://www.theworldmagazine.jp/20160111/01world/37005


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1452565509
続きを読む
 戻る