でてこーい!知的生命体。天の川の裾野に確認された奇妙な領域に知的文明が存在する可能性(米研究

00_e0

 ある奇妙な宇宙の領域において、生命体を発見できる可能性があるそうだ。球状星団と呼ばれる天の川の裾野で、人類史上初となる知的生命体との遭遇が果たされるかもしれないという。

 天の川にはおよそ150個の球状星団が存在する。球状星団は平均100光年の範囲に数百万もの恒星が球状に集まった領域で、そのほとんどは銀河のはずれを軌道している。

 ここに知的生命が存在する可能性があると主張するのは、アメリカ、ハーバード・スミソニアン天体物理学センターのロザンナ・ディステファノ博士とインド、タタ基礎研究所のアラク・レイ博士だ。
続きを読む
 戻る