【過疎】上小阿仁村、人口減少率が最大 国勢調査

250px-上小阿仁村役場

2015年の国勢調査(10月1日現在)で、県は総人口(速報値)が102万2839人だったと発表した。10年の前回調査(確定値)に比べて6万3158人(5・8%)減少。

県によると、1920年の調査開始以来最大の減少幅だった。

 性別では男性48万178人、女性54万2661人。1世帯当たりの人数は2・63人で、過去最少を更新した。

 県内25市町村の全てで人口が前回から減っており、減少率が最大だったのは上小阿仁村(12・9%)だった。藤里町(12・7%)、男鹿市(12・1%)と続いた。

 高齢化率などを加味し、他の都道府県の分も合わせた確定値は、今年10月に総務省が公表する予定だ。【五十嵐和大】

http://mainichi.jp/articles/20160104/ddl/k05/040/066000c
続きを読む
 戻る