宮本輝紀とかいう伝説のサッカー選手wwwwww

1: 名無しさん@おーぷん 2016/01/11(月)21:20:23 ID:DdB
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%AE%E6%9C%AC%E8%BC%9D%E7%B4%80

日本で最初のゲームメーカーと呼ばれ、1960年代の「日本を代表するテクニシャン」
1963年、1964年度全日本実業団サッカー選手権大会2連覇、1964年度の天皇杯優勝に導く。
1965年から始まった日本サッカーリーグ (JSL) でも主力選手としてチームを引っ張り、
対戦相手はまず宮本をどう抑えるかに苦心した。
初年度から2年連続2位の好成績を挙げるなど、
通算139試合に出場。
また1967年度日本年間最優秀選手賞(フットボーラー・オブ・ザ・イヤー)にも選ばれ、
1970年にはJSLアシスト王に輝いた。

代表では1960年、19歳11ヵ月で全日本デビュー。
1960年代から197そのテクニックは当時の全日本の中でも群を抜いており、1964年東京オリンピックから全日本の頭脳となりゲームを組み立てた。「天才パサー」と呼ばれ、
パス1本で相手を窮地に追い込む「元祖キラーパス」は、のちの日本代表司令塔・中田英寿、中村俊輔をも凌ぐと評される。
前線の釜本邦茂や杉山にパスを供給するのが日本の攻撃パターンだった。
当時「パワーの釜本、スピードの杉山、テクニックの宮本」と呼ばれ、
このトライアングルはサッカー選手を志す少年たちの憧れだった。


パスもさる事ながらゴールにも迫りシュートも連発した。振り幅の小さいシュートでゴールを量産し、MFながら国際Aマッチ18得点は歴代8位、
代表での全試合では歴代4位の47得点(出場192試合、歴代3位)を挙げている。いずれもメキシコシティ五輪世代では釜本に次ぐ数字である。

こんな伝説の中の伝説選手の動画がなんでないんや

627848553

続きを読む
 戻る