中居正広が明かす、森且行脱退の攻防戦

1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/01/11(月) 13:45:52.36 ID:CAP_USER*.net

SMAP中居正広が、1月9日放送のラジオ『中居正広のSome girl’ SMAP』(ニッポン放送)で、元メンバー・森且行について語った。

今回の収録では、新年を迎えるにあたって思いを馳せていた中居。
その流れで、「2016年でしょ? 今年スマスマ(『SMAP×SMAP』フジテレビ系)が20周年なんですよ、4月で」と切り出し、
「なにを思い出すかって、本当この年末から年始にかけて、ちょうど森くんが辞めるか辞めないかっつって、ウガウガしてたときだね。
それをすっごく思い出したわ」と、押し寄せてきた記憶の並みに戸惑ったのか、「森、辞めて20年経つんだからすごくない!?」と苦笑していた。

1995年-96年の年末年始は、翌4月から『SMAP×SMAP』が始まることが決まっており、
ポスターの撮影や企画の指針など、番組の根幹が少しずつ作られ、グループにとっても非常に大切だった時期。
その中で、「20年前のほんっと今ごろだよね。本当に辞めるの!? みたいな」「『SMAP、ゴールデン(タイム)進出だよ。こっからがスタートラインだよ、森!』とか言って、
バタバタしてたような気がする」と、オートレーサーの夢を追いかけたい森と、グループとしての成功を掴みかけていた中居たちメンバーの必死の攻防戦があったことを明かした。

結局、森は『SMAP×SMAP』がスタートした1カ月後、96年5月にグループを脱退し、ジャニーズ事務所を退所している。
森の脱退は、リーダーの中居には受けとめきれない事実だったのか、14年7月に放送された『武器はテレビ。SMAP×FNS27時間テレビ』(同)の中で、
中居は香取慎吾から、「森くんが辞めるって言った時、中居くんが僕に『解散しようか?』と言ったのが(解散危機)1回目です」という過去を暴露されている。

しかし、同番組のフィナーレでは、森からSMAPメンバーへの直筆の手紙が届き、
中居に対しては「辞めると決めてから ずっと心配してくれて ずっと面倒みてくれて」「記者会見も一緒に出てくれて 
辞める最後の最後までリーダーとして面倒見てくれてありがとう」というメッセージが寄せられていた。
それは、森の脱退を巡って互いに本音でぶつかったからこそなのだろう。

結成25周年を祝った、13年放送の『SMAP×SMAP』ではメンバーによる5人旅では、中居の涙など意外な一面が露わになり、大きな感動を呼んだ。
番組20年の記念放送回ではどんな企画で、どんなメンバーの素顔が見られるのか、楽しみにしたい。

http://dailynewsonline.jp/article/1071916/
ジャニーズ研究会 2016.01.11 12:00

1471163992

続きを読む
 戻る