日本製携帯の殆どに搭載されてる防水機能、日本以外の国では防水機能の需要は高くない

1: 海江田三郎 ★ 2016/01/10(日) 09:32:28.43 ID:CAP_USER.net
21
http://japanese.china.org.cn/culture/2016-01/08/content_37493060.htm

Sony Xperia Z シリーズの登場から現在に至るまで、日本のスマートフォンには3つの防止機能が備わっているが、
これは日本の携帯電話の単なる縮図ではない。日本の携帯電話メーカーは国内で生産し、
どの機種にも防水機能がついている。それは、女性を考慮したためである。

日本の携帯電話市場において、防水機能は商品の善し悪しを決める重要な基準になっている。
そのため、ソニー、シャープ、富士通、京セラなどどのメーカーも防水機能のついた携帯電話を出している。
それは、日本で雨がよく降るためではなく、女性が入浴時にも携帯電話を使用するためである。

大げさだと思う人もいるだろう。パナソニック取締役の板倉太郎氏によると、
日本で販売されているスマートフォンの約90~95%に防水機能がついている。
日本の若い女性は入浴時にもスマートフォンを使用するためだという。
おかしいと感じるかもしれないが、それが女性ユーザーのニーズである。
日本以外の国や地域では、防水機能のついた携帯電話の需要はそれほど高くない。
多くのメーカーが3つの防止機能をつけることにそれほど意欲的でないのは、
多くのユーザーを惹きつけられないだけでなく、デザインにも影響するためである。
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1452385948/


続きを読む
 戻る