中野美奈子アナがフジ時代に遭った恐怖体験wwwww

1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 07:17:44.78 ID:CAP_USER*.net

1月3日放送『おしゃれイズム 新春SP』(日本テレビ系)に、元フジテレビで現在はフリーの中野美奈子アナウンサー(36)が出演した。
中野アナといえば、フジテレビ在籍時には高島彩アナウンサー(36)と2トップとして人気面を牽引するエース女子アナであった。
当然、熱狂的なストーカーファンも出現する。そ
んな輩に追跡された場合、彼女はいつも青山墓地に逃げ込むのが常であったという。
人気が少なくて危ない気もするが、中野アナいわく「人気がないから、怪しい人が追っかけてきているのかどうかがわかる」。
しかも墓石が多い場所なので、身を隠すこともできる。実は、ストーカーを巻くのに絶好の場所らしいのだ。

それでも巻けない場合、彼女は母校である慶応大学(三田キャンパス)に逃げ込んでいたそう。
大学にはいろんな出口があるし、母校だから土地勘に優れているし、追っ手の追跡から逃れやすい。

でも、これでもまだ追っかけてくる輩はいる。
このレベルになると、ストーカーの正体は写真週刊誌の記者に絞られてくる。
そんな時の対処法を、中野アナは先輩・高島彩アナに授けられていた。
なんと、フジテレビには「絶対に困った顔で撮られてはいけない。常に笑顔」というルールがあるらしいのだ。
なぜ、笑顔を保っていた方が良いのか? 撮られた時の表情が暗いと「担当番組が辛い」「イジメに遭っている」と、好き勝手にネタにされてしまう。
そこまで考えて、窮地なのに笑顔をキープしていた中野アナ。
結果、大学のキャンパス内には、カバンを背負い、急ぎ足なのになぜか笑顔の彼女が出没していたわけである。――なるほど、人気女子アナ稼業はつらい。

http://netallica.yahoo.co.jp/news/20160110-68545359-taishu
2016/1/10 07:00 日刊大衆

682103039

2011419088

718491996

1651872749

続きを読む
 戻る