【悲報】4Kや8K放送スタートで録画が禁止にwwww

51

4Kや8K放送が今後本格化するとされているが、録画禁止になるおそれがあるという。

注目したいのは、一つの図表中にさりげなく記載されている文字列だ。我々消費者にとって大変重要な事柄が書かれている。923ページの「コンテンツ保護に関する運用規定」と書かれた表である。
501726936


これまでデジタル放送では、月極め等有料放送やコンテンツ保護を伴う無料番組について、コピー禁止の運用を禁じていた。つまり上記の表の書き方に倣うと「運用不可」となっていた。

だが12月25日に発表された資料のバージョン1.0では、この部分が「T.B.D」となっている。T.B.Dとは「To Be Determined」、つまり未定ということである。この「T.B.D」が、もし今後の議論を経て「運用可」になると、月極め有料放送はおろか、無料放送ですら、録画禁止にすることが可能になってしまう。

録画禁止の運用が可能になったとしても、それが運用されなければ問題はないのでは、という考え方もあるだろう。だが、たった1つの番組でも録画禁止番組が存在すれば、消費者側からすると「なぜか録画できない番組があった」となり、混乱や動揺が広がるはずだ。

さらに録画禁止番組が増えてくれば「この番組は録画できる、この番組は録画できない」など、消費者が録画予約を行う際に都度チェックしなければならなくなり、利便性が大きく損なわれる。

さらに言うと、各放送局がこぞって、ほぼ全ての番組を録画禁止にすることも、可能性として考えられなくはない。そうなったらまさに悪夢である。
http://www.phileweb.com/review/column/201601/09/461.html


続きを読む
 戻る