ウイスキーのオススメを教えてくれ。

1 レインメーカー(秋田県)@\(^o^)/ 2016/01/09(土) 17:45:04.71 ID:DsQSPCS60●.net BE:194767121-PLT(13001) ポイント特典

sssp://img.2ch.sc/ico/nida.gif
そこで今回は、2015年に発売されたウイスキー厳選7種をご紹介。新作から限定エディションまで、ウイスキーを愛するファンの期待を決して裏切らない逸品が揃っている。

グレンリベット・ファウンダーズリザーブ(50ドル)
主要コレクションの新作として発売された、年数表記なし(NAS)のウイスキー。NASについて保守派は懐疑的に捉えがちだが、グレンリベット・ファウンダーズリザーブは、
完璧なまでのスペイサイド産のシングルモルトだ。貯蔵年数よりも品質の高さを売りにするのがトレンドの今、こだわりのアメリカン・オーク樽で熟成させ、絶妙なバランスを
持ち合わせたこの一本はローテーションの軸として常にストックしておくこととおすすめする。

ラフロイグ・カーディス2015(75ドル)
アイラシングルモルトのファンから絶大な人気を誇るラフロイグ。ここで紹介する2015年のカーディス(ゲール語で“友情”の意味)は、蒸留所の200周年を記念して
特別に製造されたものだ。ラフロイグの舵取りとして毎年カーディスの限定版を作るジョン・キャンベル氏が、2015年のカーディスについて「200年前のラフロイグの
ウイスキーを忠実に再現した」と語っていることからも、確かな品質を感じられる逸品だ。

マッカラン・エディション No.1(90ドル)
エディションNo.1は、今後毎年リリースされる予定の限定版の第1号。原木の選定からしたシェリー樽で熟成させるというこだわりぶりながら、小売価格90ドルというのは
非常に良心的だともっぱら評判の一本だ。少なくとも2本購入し、1本は自分がいつでも飲めるように、もう1本は数年先の特別な機会までとっておくのもいいだろう。

アベラワー アブーナ(80ドル)
アベラワーアブーナは奥深くさや重さ、フレーバーを好む人向けのウイスキー。アベラワーの創業者ジェームズ・フレミング氏の方法を継承し、現代的なプロセスを
一切経ずにつくられているのが特徴だ。フルボディで滑らかな口当たりのウイスキーは、ぜひキャビネットに並べておきたい。

http://forbesjapan.com/articles/detail/10840

7 ダイビングヘッドバット(関東・甲信越)@\(^o^)/ 2016/01/09(土) 17:46:54.94 ID:LOenx5qJO.net
ザキヤマ
262 ジャンピングパワーボム(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/09(土) 20:05:38.96 ID:XvxpLgZV0.net

>>7
顎が割れてるくせに旨い

続きを読む
 戻る