BMW 新型ミニバンは日本への挑戦状 368~462万円

1: シューティングスタープレス(東日本)@\(^o^)/:2016/01/10(日) 17:34:15.59 ID:QoICX8IG0.net

なんでも実際やったり、乗ってみないとわからないことってあるものであ~る。そう、昨年6月のことだ。出るぞ出るぞとウワサされ、遂に日本上陸を果たしたBMW初のFF3列シートミニバン「2シリーズ グランツアラー」。ひと足先に出たFFハッチバックの兄弟車「2シリーズ アクティブツアラー」よりさらにブ格好で、お節介なほど実用優先だけに、BMWよ! 伝統の硬派FRメーカーもついに日和ったか...と思いましたがそれは全くの誤解であることが分かりました。

1_1
1_2
1_3


●びっくり、なんと一番の買い換えは日産セレナ!!
果たして全長×全幅×全高は4565×1800×1645mm。ベースとなったアクティブツアラーに比べ、215mm長く、95mm高い。とはいえ幅こそ輸入車の常で広いが、高さはルーフレール分を含んでるし、圧倒的に広くはない。BMW関係者によれば発売1ヵ月後データだがユーザーの「85%がBMW以外からの買い換え」で「8割がディーゼル車」で「下取り車で一番多いのは日産セレナ(!!)」だという。

1_4
1_5
1_6

広くて快適でデカい後席モニターでDisney映画を子供が見ながら移動することを望むのなら後者を選べばいい。だがもっと別のなにか。ドライバーが最も楽しく、走った感をリアルに楽しみつつ移動したいのなら「2シリーズ グランツアラー」にすればよいと思う。それが不躾小沢の結論なのであ~る。

http://jp.autoblog.com/2016/01/08/bmw-2-series-gland-tourer-first-drive/

BMW 新型ミニバンは日本への挑戦状 368~462万円
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1452414855/



続きを読む
 戻る