東芝、半導体の新工場を建設 投資額はなんと5千億円! 3次元メモリを本格量産

1: 名無しさん@2ろぐちゃんねる: 2016/01/09(土) 15:07:09.08 ID:ot4GWXv50●.net

東芝、四日市市に半導体新工場 投資額は数年間で5千億円!? 3次元メモリーを本格量産へ

不正会計問題で経営再建中の東芝が、記憶用半導体の新工場を三重県四日市市に建設する方向で
調整に入ったことが8日、わかった。平成30年度ごろの稼働を目指し、記憶容量を高めた3次元構造の
半導体(3次元メモリー)を本格的に量産する。医療機器子会社の売却益や銀行借り入れで資金調達し、
数年で5千億円規模の投資を行う。限られた投資余力を主力事業に振り向け、収益力強化をはかる。

27年度中に策定する中期経営計画の目玉として盛り込む方針。3次元メモリーの量産は昨年完成した
同市内の記憶用半導体の工場建屋の一部をまず活用する。今後、需要が大幅に拡大するとみて
来年度にも新工場建設に着手する。同市が保有する隣接地などを取得して新棟をつくり、最新設備を導入。
記憶用半導体の工場建設と同じく、米サンディスクと折半で投資する。

東芝は、不正会計問題の発覚前から、記憶用半導体に年間2千億円程度の設備投資を行うとしてきた。
財務状況は悪化したが投資額は減らさず、新棟を順次建てる手法で機動的に供給力を増やす。これにより
韓国サムスン電子との競争を優位に運ぶ考えだ。

記憶用半導体はスマートフォンなどで使われる。これまでは回路の線幅を微細化することで容量拡大を
行っていたが、3次元メモリーは記憶素子を垂直に積み重ねて容量を増やす。量産には高度な技術が必要で、
新工場の成否は東芝の命運を握る。

http://www.sankei.com/economy/news/160109/ecn1601090016-n1.html



続きを読む
 戻る