東芝、四日市に半導体新工場建設 3D構造NANDフラッシュ倍増

1: 海江田三郎 ★ 2016/01/08(金) 16:52:08.72 ID:CAP_USER.net
net
http://www.nikkan.co.jp/articles/view/00370469

東芝は米サンディスクと共同で、スマートフォンなどに搭載するNAND型フラッシュメモリーの
新工場を三重県四日市市に建設する。早ければ17年度に稼働させる計画。記憶素子を積層する
3D(3次元)構造の先端製品の生産能力を2倍に引き上げる狙い。投資額は4000億円強。
不適切会計を受け、東芝は低収益事業からの撤退など構造改革を進める一方で、NANDフラッシュ事業は収益源として強化する。

東芝は既存の四日市工場の隣接地に新工場を建設する。16年度に着工する計画。設備投資費はサンディスクと折半する。
NANDフラッシュを巡っては今後、データの大容量化に対応できる
3D構造NANDフラッシュの需要が伸びる見通し。東芝は15年に四日市工場内で専用棟を稼働させた。
さらに新工場建設に踏み切り十分な生産能力を確保する。
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1452239528/


続きを読む
 戻る