社民党 福島みずほさん「意地悪化する日本に誕生した希望。それがSEALDs」

1 : ファイナルカット(東京都)@\(^o^)/ :2016/01/09(土) 00:29:07.78 ID:rkKW9N7G0.net BE:639823192-PLT(15000) ポイント特典

福島 今年九月の自民党総裁選で続投が決まったので、安倍総理はさらに三年間の任期を持ちました。来年の参議院選挙後、憲法改正の発議をすると言っているわけですから、このプログラムをどうやってぶち壊すかが大切です。

福島 ナチス・ドイツの学校用教科書は、例外なく貧弱な語彙と平易な構文によって作られていたと『永遠のファシズム』に書いてあります。だから私たちは、ファシストが貧弱な語彙と平板な言葉を使っているのを真似てはいけません。紋切り型ではない、罵倒型ではない、豊かで詩的な、チャーミングな言葉を使わなくちゃいけないんです。SEALDsの学生さんたちの言葉はまさにそうだと思います。敵が狭量だと、敵と戦っているうちについついこちらも狭量になったりする。いずれにしても、ニュースピークとの戦いが、これからのファシズムとの戦いかもしれない。

内田 「正直・親切・愉快」に、というのは中村天風先生の言葉ですけれど、これが大切なんじゃないかな。正直に、親切に、愉快に、あたたかい声で、情理を尽くして、何とかして相手を説得するという構えをとること。それが結果的には一番効率的じゃないかと思います。

福島 過剰で大げさなこけおどしの言葉ではなく、誠実な言葉を使わなければいけないんですよね。

福島 SEALDs やママの会が登場する前は、確かに「意地悪」化する社会だったかもしれません。ですが、私は今、戦争法が強行されてすごく残念ではありますが、希望を感じています。国会の内と外がつながって、野党議員は決して孤立しているわけではないと実感できています。

内田 そうです。希望があります。

福島 これからどんなことが起こるのか、楽しみですね 。

内田 社会の激動期を生きるのは、楽しいことですよ 。

福島 とにかく戦争はさせない。人を死なせない。「正直・親切・愉快」に、真実と事実に基づいて、希望を持って生きてゆきたいです。

全文
http://blogos.com/article/153821/


転載元スレッド: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1452266947/
社民党 福島みずほさん「意地悪化する日本に誕生した希望。それがSEALDs」

続きを読む
 戻る